2017年01月24日

TCK女王盃

TCK女王盃
ダ1800m / 発走:16:15

@マイティティー 牝5 55.0 松山弘平 本田優
Aトーセンセラヴィ 牝6 55.0 森泰斗 小久保智
Bタイニーダンサー 牝4 56.0 田辺裕信 伊藤圭三
Cケイティバローズ 牝7 55.0 赤岡修次 森下淳平
Dディアマルコ     牝4 54.0 佐原秀泰 那俄性哲
Eシークレットオース 牝5 54.0 横川怜央 栗本陽一
Fワンミリオンス 牝4 55.0 戸崎圭太 小崎憲
Gリンダリンダ     牝4 55.0 吉原寛人 荒山勝徳
Hホワイトフーガ 牝5 58.0 蛯名正義 高木登
Iハナズリベンジ 牝6 54.0 矢野貴之 阪本一栄
Jポッドガゼール 牝4 54.0 瀧川寿希 八木正喜
Kタマノブリュネット 牝5 55.0 真島大輔 高柳瑞樹


 本命はKタマノブリュネットここ2戦は馬券圏内に入っていないが、得意の大井で牝馬戦いなら。
相手筆頭はHホワイトフーガ。あと面白いのは地方からAトーセンセラヴィと地方からJRAに入ったBタイニーダンサー。

 買い目
3連単BOXABHK
3連単フォーメーション
1着KH2着KH3着BA
posted by KM様 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

競馬クイズNO35 マツリダゴッホの母は?

競馬クイズNO35 マツリダゴッホの母は?


 有馬記念優勝馬マツリダゴッホの母は?


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓気になる答えは↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓






答えペイパーレイン Paper Rain 

 ペイパーレインはマツリダゴッホの母でありながら、父Bel Bolide母フローラルマジックであの菊花賞馬ナリタトップロードは半弟です。

posted by KM様 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬クイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山内師に過怠金30万円 管理馬から規制薬物検出

山内師に過怠金30万円 管理馬から規制薬物検出
日刊スポーツ 1/24(火) 9:13配信

 JRAは23日、昨年12月29日の東京大賞典を勝ったアポロケンタッキー(牡5、山内)から規制薬物「デキサメタゾン」が検出された問題で、第2回裁定委員会を開き、管理する山内研二調教師(67)に過怠金30万円を課すことを発表した。

 東京大賞典のレース後の理化学検査で、同馬から規制薬物で消炎鎮痛剤であるデキサメタゾンが検出されていた。規制薬物は競馬法で定められた「禁止薬物」とは異なり、競走能力への影響がないため、事後失格の対象とはならなかった。
日刊スポーツ 記事抜粋。

 ちょっと過怠金の額が安すぎる気もしますが、一応処罰がきちっとされた事でファンも納得の
行く結果となったんじゃないでしょうか。
 これからダート路線でどうなるのかは知りませんが、アポロケンタッキーの吹っ切れた走りを期待します。

posted by KM様 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤングジョッキーズシリーズ日程発表、11場で開催

 今年度から行われる「ヤングジョッキーズシリーズ(トライアルラウンド)」の日程が発表された。

 4月26日の高知から笠松、川崎、名古屋、佐賀、門別、盛岡、金沢、船橋、園田と巡り、11月22日浦和が最終となる。各開催とも2レースを実施。参加騎手人数は基本的にJRA、地方所属とも6人で、笠松と名古屋のみ5人ずつ。出場騎手等は後日発表される。
日刊スポーツ 記事抜粋


 これは面白い。全国のいろいろな競馬場を巡ることで練習になるし、どれが上手いのかを見るのにぴったし、
騎手のレベルがわかれば、馬券への貢献も絶対にあるからね。
 もっと言えば大井競馬場も期待したいなあ。。。
posted by KM様 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

競馬クイズNO34 競馬用語 自己条件とは

競馬クイズNO32 競馬用語 自己条件とは


 よく新聞でこの馬は自己条件に戻るので楽しみです。みたいなことを聞くがその自己条件の意味
は何を意味するでしょう。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓気になる答えは↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




答え その馬が本来出走できる競走条件のこと。

 格上挑戦(その馬の所属ランクより上のレースへの挑戦)から帰ってきた馬などに使います。

 例 格上挑戦したレースでもそれなりに見せ場を作っていたので自己条件では。
posted by KM様 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬クイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【マカオスプリントT】菜七子 海外重賞初騎乗で9着

21日にマカオのタイパ競馬場で行われた「マカオ国際男女混合ジョッキーズチャレンジ」(男女ペアで6組)に参戦した藤田菜七子(19・美浦)は9→10→4着(香港・ドゥルーズとのペアで5位)、武豊(47・栗東)は8→2→2着(ブラジル・レモスとのペアで3位)だった。菜七子は混合戦以外にも3鞍騎乗(10→9→12着)。マカオスプリントT(現地GIII)では海外重賞初騎乗(9着)も果たした。

 藤田菜七子騎手「思った通りに乗れませんでしたが、とてもいい経験になりました。この経験を生かして日本でも頑張りたいと思います
」東スポweb記事抜粋

 結果は残念ですが,重賞を経験できたというのは大きいことだと思います。武豊騎手は1着は無いものの結果をみているとさすがだなと思わせるものでした。しかしながら、ジョッキーシリーズで武豊騎手ってあと一歩のところで負けてるイメージがある・・・
 日本に帰ってきたら二人ともしっかり勝って馬券で儲けさせてもらいたい。
posted by KM様 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米年度代表馬はカリフォルニアクローム 2度目栄冠

 16年の米国競馬年度代表馬(エクリプス賞)表彰各部門が21日に発表され、年度代表馬にはカリフォルニアクローム(牡6、A・シャーマン、父ラッキープルピット)が選出された。ケンタッキーダービー、プリークネスSを制した14年に続き、2年ぶり2度目の栄冠。248票中、202票を集め、昨年のBCクラシック覇者アロゲートの40票を上回った。

 昨年は8戦7勝2着1回でドバイワールドカップなどG1を3勝。BCクラシックは3歳の新星アロゲートと大激戦を演じた末に敗れたが、一年を通じて、米国競馬の主役だった。

 カリフォルニアクロームはすでに今春の引退、種牡馬入りが決まっており、今月28日に行われる第1回のペガサスワールドカップ(G1、ダート1800メートル、ガルフストリームパーク)がラストラン。アロゲートとの再戦に挑む。
日刊スポーツ 記事抜粋

  今年は何と言ってもドバイワールドカップ制覇の実績があるよね。見事に復活した。BCクラシックではアロゲートに敗れただけにリベンジを果たして有終の美を飾ってほしいね。
posted by KM様 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

ファンディーナ9馬身差快勝。遅れてきた大物?

 1月22日の京都6R・3歳新馬(芝・外1800メートル)は、岩田康誠騎手騎乗のファンディーナ(牝、栗東・高野友和厩舎)が単勝1.8倍の圧倒的な支持に応えて大勝した。タイムは1分50秒0(良)。

 ファンディーナは好スタートを切って先頭へ。4コーナー過ぎから早々と後続を突き放しにかかり、最後は持ったままで2着ブルークランズ(2番人気)に9馬身差をつけた。モンテヴェルデ(4番人気)がさらに2馬身遅れた3着。

 ファンディーナは、父ディープインパクト、母ドリームオブジェニー、母の父ピヴォタルという血統。半兄ナムラシングン(父ヴィクトワールピサ)は3勝を挙げ、昨年の若葉Sで2着に入るなど活躍している。



 いやあ強かった。久しぶりに衝撃的な競馬を見たのかもしれない。ラジオでちょっと聞き流していたら、8馬身差で勝利とか聞こえてきて最後の大物かと思い、JRAのホームページで見直した。動画で改めてみてみるとほかの馬がレースに参加していなかった。すごかった。何がすごいかといえば、スタートからすぐに馬番を確認するまでもなく噂の馬はこれだとわかった。
 半兄にナムラシングンがいて母系に凱旋門賞馬バゴがいてるということで非常に楽しみ。
 ソウルスターリングをPOGで指名している身としてみればかなり脅威だが。
posted by KM様 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 騎手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福永騎手がインフルエンザ。

 22日の中京競馬で騎乗予定だった福永祐一騎手(40)=栗東・フリー=は、インフルエンザのためにすべて乗り替わりになった。メインの東海Sで騎乗予定だったピオネロが川須栄彦騎手(25)=栗東・フリー=に変更になるなど、11鞍で騎手変更となった。

 また、25日に大井競馬場で行われる地方交流重賞のTCK女王盃で騎乗予定だったワンミリオンスは、戸崎圭太騎手(36)=美浦・田島俊明厩舎=に変更となった。



 ちょっと運のないのが福永祐一騎手ですね。乗る予定だった馬が勝利または入着してますし・・・
福永祐一騎手は平場では結構安定感あるイメージなので◎にしているだけに早く治して復帰してほしいですね。
タグ:福永祐一
posted by KM様 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 騎手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

競馬クイズNO33 東海Sかつては何月に開催されていたでしょうか。

競馬クイズNO33 東海Sかつては何月に開催されていたでしょうか。


 


1月22日中京競馬場で開催される東海Sかつては何月に開催されていたでしょうか。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓気になる答えは↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





答え5月と12月

 第1回1984年〜16回1999年までが12月。
 第17回2000年〜29回までが2012年が5月。
 第30回2013年〜が1月。 

 第34回はどういうレースになるのでしょうか。
posted by KM様 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬クイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする